BOX

試合区分:No.110
開催期日:2016年11月22日
開始時間:15:00:00
開催場所: 国立代々木競技場第二体育館
主審:田中 真
副審:平出 剛

日本経済大学 38 09 1P 12
11 2P 14
12 3P 13
06 4P 11
OT
OT
50 早稲田大学

日本経済大学

HC:片桐章光
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
0 ニャン エルハジ 5 1 3 0 3 2 4 4 2 3 5 1 1 1 0 14:59
1 武田 祐一 7 1 6 2 4 0 0 1 1 2 3 1 0 2 0 23:27
3 佐藤 勇希 0 0 0 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 4:13
4 大城 宏太 0 0 1 0 1 0 2 2 1 0 1 0 1 0 0 12:54
5 野中 貴仁 0 0 0 0 2 0 0 0 2 2 4 2 1 0 0 20:04
7 鄭 宇圻 6 0 5 3 8 0 0 0 2 4 6 0 1 0 0 25:01
9 山﨑 丈生 8 2 3 1 4 0 0 2 0 2 2 0 1 0 0 17:36
13 小川 翔吾 3 0 2 1 3 1 2 0 0 0 0 1 0 0 0 11:19
14 廣瀬 大和 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:06
21 張 効広 DNP
31 矢野 春樹 1 0 0 0 2 1 2 2 2 0 2 4 1 1 0 28:56
35 小野 晃弘 8 2 8 1 1 0 0 1 0 8 8 1 0 0 1 23:24
55 久我 匠 0 0 0 0 2 0 0 2 1 1 2 3 1 0 0 18:01
57 日野 大嵩 DNP
81 河内 康太 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 3 7 4 0 0 0 00:00
合計 38 6 28 8 32 4 10 15 15 25 40 17 7 4 1 200:00

早稲田大学

HC:吉岡修平
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
2 香川 泰斗 DNP
7 石原 卓 4 0 2 2 2 0 0 1 0 1 1 1 3 3 0 22:01
8 新川 敬大 13 1 2 4 5 2 4 0 0 5 5 2 0 1 0 22:14
11 河合 祥樹 2 0 2 1 2 0 2 2 0 3 3 2 0 0 0 19:47
18 森井 健太 4 1 1 0 1 1 4 1 0 2 2 0 2 0 0 15:48
20 北代 智樹 DNP
21 南木 俊樹 4 0 1 2 5 0 0 1 1 2 3 0 1 0 0 20:40
25 伊藤 諄哉 0 0 1 0 3 0 0 2 1 3 4 1 0 0 1 19:39
26 富田 頼 13 0 0 5 7 3 4 1 1 3 4 2 0 0 2 23:11
27 濱田 健太 6 2 5 0 2 0 0 1 0 4 4 1 1 1 1 19:52
31 佐藤 智也 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2:29
35 岡野 佑紀 DNP
36 澁田 貴大 2 0 3 1 2 0 0 2 1 1 2 2 1 1 0 17:30
38 宮脇 隼人 2 0 1 0 1 2 2 4 1 1 2 2 0 0 1 16:49
39 桑田 祐平 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 7 8 2 0 0 0 00:00
合計 50 4 18 15 30 8 16 15 6 33 39 15 8 6 5 200:00

GAME REPORT

 九州3位日本経済大学と関東5位早稲田大学の一回戦。序盤、早稲田大は流れるようなパスワークを武器に得点。一方の日本経済大は精度の高い3Pシュートを中心に攻撃する。両チームとも粘り強いディフェンスを展開しロースコアな展開となる。中盤に入っても両チームの堅守が光り、なかなか得点が入らないまま試合が進む。その中で早稲田大#8新川が内外に躍動し、早稲田大が僅かにリードを保ったまま勝負は終盤へ。終盤、早稲田大はアウトサイドシュートが高確率で沈め、じわじわとリードを広げていく。日本経済大は#35小野が連続で3Pシュートを沈め追い上げるが、開いた点差は追いつくには至らず。終了間際には日本経済大がファウルゲームを仕掛けるも、早稲田大はきっちりとこれをかわしてタイムアップ。50-38と早稲田大が粘る日本経済大を振り切り勝利し、2回戦へと駒を進めた。

 第1ピリオド、日本経済大は#9山の3Pシュートで先制。対する早稲田大は#8新川のレイアップでスタートすると#11河合、#7石原らが続きすぐさま逆転に成功するが、日本経済大も#9山﨑の3Pシュート、#1武田のダンクシュートなどで得点し食らいつく。終盤、早稲田大は#21南木、#26富田が連続して加点し、12-9と早稲田大が僅かにリードし第1ピリオド終了。

 第2ピリオド、日本経済大は#9山﨑のカットイン、#1武田のこの日2本目のダンクシュートで連続得点に成功すると、#1武田が3Pシュートを沈め同点に追いつく。しかし早稲田大も譲らず、#8新川が3Pシュート、カットインで立て続けに得点し逆転は許さない。その後は、お互いに得点を決め合い大きく点差は動かず。26-20と早稲田大6点リードで前半終了。

 第3ピリオド、早稲田大は#27濱田が3Pシュートを沈めると、連続で速攻を繰り出し、#7石原、#21南木が連続得点しリードを広げる。早稲田大は#27濱田、#26富田らが内外にバランスよく加点するのに対し、日本経済大は相手のファウルを誘いフリースローで着実に得点する。終盤、日本経済大は#0ニャンが3Pシュートを沈め追い上げる。39-32と早稲田大が7点リードして最終ピリオドへ。

 第4ピリオド、早稲田大は#26富田のインサイド、#18森井の3Pシュートで加点し突き放しにかかるが、日本経済大は#35小野が連続で3Pシュートを決め、譲らない。中盤以降、両チームともシュートがことごとくリングに嫌われ、得点は膠着する。終盤、日本経済大はファウルゲームを仕掛けるが、早稲田大はこれをうまくかわし試合終了。50-38と早稲田大が12点差で勝利し、2回戦進出を決めた。

仲澤 翔大