BOX

試合区分:No.201
開催期日:2017年11月28日
開始時間:11:00:00
開催場所: カメイアリーナ仙台Aコート
主審:大久保 好純
副審:小出 聡子

仙台大学 66 24 1P 17
10 2P 28
15 3P 28
17 4P 19
OT
OT
92 白鴎大学

仙台大学

HC:菅野 恵子
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
1 遠藤 真生 3 0 0 1 3 1 2 1 0 1 1 2 1 0 0 7:15
2 工藤 千穂 12 4 6 0 0 0 0 1 0 0 0 2 3 0 0 17:37
5 長澤 優菜 0 0 1 0 4 0 0 0 1 1 2 5 1 0 0 12:23
6 吉田 晴香 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3:13
7 金子 恵 2 0 0 1 2 0 0 1 0 1 1 1 1 0 0 3:23
9 最上 朝香 10 0 0 4 7 2 2 2 1 3 4 4 3 0 0 36:19
10 千葉 沙希 2 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 2:45
13 佐藤 楓 6 2 7 0 0 0 0 0 0 1 1 1 1 0 0 22:36
15 髙橋 菜々子 2 0 0 1 1 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 3:41
17 芳賀 亜美 2 0 0 0 1 2 3 0 0 0 0 0 0 1 0 7:04
18 清水 理香子 11 1 7 2 5 4 5 2 1 2 3 0 0 1 0 18:33
21 齋藤 美希 4 0 0 2 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 3:23
22 金成 明日花 8 0 2 3 7 2 2 2 6 5 11 1 0 0 0 32:55
23 柴田 紅葉 4 0 0 1 9 2 4 2 0 4 4 2 0 2 0 24:26
88 三須 秋穂 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 4:26
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 5 8 0 0 0 0 00:00
合計 66 7 23 16 42 13 18 12 13 24 37 19 10 4 0 200:00

白鴎大学

HC:佐藤 智信
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
4 星 香那恵 6 0 3 3 7 0 0 2 2 3 5 0 2 0 0 18:11
5 神﨑 璃生 0 0 0 0 0 0 0 3 1 1 2 2 3 1 0 18:39
6 春日 イザベル瑠璃 0 0 0 0 1 0 0 1 2 0 2 0 0 0 0 6:08
8 佐藤 京香 10 1 2 3 5 1 1 0 3 2 5 0 0 0 0 15:41
9 上田 祐季 5 1 3 1 3 0 0 0 0 1 1 4 0 0 0 17:52
10 渡辺 葵 7 0 0 3 4 1 1 0 2 2 4 0 0 0 0 5:24
12 小林 沙織 2 0 2 1 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5:33
13 三木 里紗 3 1 5 0 1 0 0 1 1 3 4 0 2 0 0 18:06
14 佐坂 樹 12 1 2 4 8 1 2 1 4 6 10 1 0 0 0 20:42
15 天坂 伶香 5 1 2 1 2 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 9:01
16 菊地 恵里奈 0 0 1 0 1 0 0 2 0 0 0 1 0 0 0 6:46
17 山崎 澪菜 4 0 0 2 3 0 0 3 1 0 1 2 3 1 0 14:27
18 軸丸 ひかる 8 2 5 0 3 2 2 0 0 3 3 0 2 1 0 20:26
19 今村 優花 3 1 2 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 5:24
20 シラ ソハナ・ファトー・ジャ 27 0 0 12 14 3 5 0 3 4 7 1 0 1 2 17:40
チーム 0 0 0 0 0 0 1 0 6 4 10 2 0 0 0 00:00
合計 92 8 27 30 57 8 12 14 25 29 54 14 13 4 2 200:00

GAME REPORT

 関東3位白鷗大学と東北3位仙台大学の一回戦。先制したのは仙台大。巧みなパスワークからアウトサイドシュートを起点に加点を重ねリードを広げる。一方でリードを許した白鷗大だったが、第2ピリオドに入ると、インサイド陣の高さを生かしたプレイで立て直しを図り、リードを11点まで広げたところで前半を折り返す。後半以降、一転してリードを得た白鷗大ペースでゲームが進行。対する仙台大は、アウトサイドシュートを軸に加点するも単発に終わり点差は広がっていく。終盤以降、白鷗大はベンチメンバーを起用するも、スタートメンバーに遜色ない活躍を見せ勝利を決定付ける。仙台大も最後まで果敢にゴールにアタックするも、開いた点差を前に成す術なし。92-66の最終スコアで、白鷗大が開幕戦を勝利で飾った。

 第1ピリオド、先制したのは仙台大。激しいディフェンスから流れを掴むと、#23柴田のミドルシュート、#2工藤の3Pシュートなどで加点しスタートダッシュを切る。対する白鷗大は、相手のディフェンスを前に序盤でリードを許すと、#4星、#18軸丸のミドルシュートで加点するも、流れを掴めずリードを許したまま我慢の時間帯が続く。それを尻目に仙台大はキックアウトから#13佐藤の3Pシュートなどで加点し7点のリード、24-17で第1ピリオド終了。

 第2ピリオド、リードを許した白鷗大は、#20ソハナの高さを生かしたペネトレイトで3連取をあげ、ビハインドを詰めると#4星がミドルシュートで続き逆転に成功する。逆転を許した仙台大は、果敢に攻め込むも、白鷗大#20ソハナの高さを前に一歩後退、一転してリードを許す。終盤、白鷗大はプレッシャーディフェンスから#20ソハナのインサイドアタックを軸に加点し、11点のリードを得たところで45-34で前半終了。

 第3ピリオド、逆転を狙う仙台大だったが、フィニッシュまで決めきれず苦しい展開。それを尻目に白鷗大は、#14佐坂のミドルシュートを皮切りに合わせから#9上田のゴール下などで更に点差を広げていく。中盤、仙台大は連続失点を許し、タイムアウトで立て直しを図ると、#18清水の3Pシュートなどで得点。しかし、後が続かずビハインドを背負ったままゲームが進む。終盤白鷗大は勢いそのままに、#9上田の3Pシュート、#20ソハナのインサイドプレイでコンスタントに加点し、このピリオドだけで28点の猛攻を見せリードを広げる。73-49で第3ピリオド終了。

 第4ピリオド、白鷗大はメンバーを入れ替えながらも、#20ソハナのゴール下、#15天坂の3Pシュートで加点するなど攻守で手を緩めることなく、勝利を決定づける。後がない仙台大は、#15髙橋のペネトレイト、#1遠藤のミドルシュートなどで加点するも、開いた点差を前に逆転までは至らず。中盤にかけて攻守で勢いを見せた白鷗大が勝利し92-66で勝利し二回戦進出を決めた。

齋藤 尋太郎