BOX

試合区分:No.106
開催期日:2017年11月20日
開始時間:12:40:00
開催場所: 港区スポーツセンターBコート
主審:境 圭介
副審:細見 竜太

東北学院大学 51 07 1P 19
07 2P 12
11 3P 22
26 4P 27
OT
OT
80 新潟経営大学

東北学院大学

HC:佐々木 桂二
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
0 渡辺 紘丞 2 0 0 1 2 0 0 1 1 0 1 0 1 1 0 7:25
3 大藪 雄磨 11 3 9 1 3 0 2 1 1 5 6 0 0 0 1 24:39
11 内川 畝夏 DNP
24 齋藤 琢 2 0 0 1 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 2:36
30 清水 健汰 9 1 2 1 4 4 5 0 1 1 2 2 0 3 0 15:16
32 鈴木 望令 4 1 3 0 1 1 3 1 0 0 0 0 0 0 0 9:40
35 佐藤 善亮 2 0 1 1 3 0 0 2 0 4 4 4 0 2 1 30:20
36 坂本 佳太 4 0 3 2 3 0 0 4 0 1 1 1 0 1 1 19:47
51 今野 練 4 0 0 2 5 0 0 1 3 0 3 4 0 0 0 19:13
66 佐藤 太郎 0 0 0 0 0 0 0 2 1 2 3 0 0 0 0 14:30
72 菅野 凪 0 0 1 0 2 0 0 4 0 0 0 0 0 1 0 15:50
81 高橋 和大 2 0 0 1 4 0 0 0 2 2 4 0 1 0 0 18:11
83 佐藤 洋夢 4 0 0 1 1 2 2 0 0 0 0 2 0 1 0 4:23
88 樋口 公亮 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 2:15
92 本田 駿也 7 1 3 2 4 0 0 1 0 3 3 2 0 0 0 15:55
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1 4 2 0 0 0 00:00
合計 51 6 22 13 33 7 12 19 12 19 31 17 2 9 3 200:00

新潟経営大学

HC:田巻 信吾
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
2 廣瀬 幸佐 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2:15
6 井上 凌 5 1 4 1 5 0 0 2 4 3 7 2 3 2 0 32:42
7 大石 雄輝 3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 3:01
10 佐藤 優輔 5 1 2 0 0 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2:28
11 陳 東祥 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2:36
13 木村 嗣人 14 1 4 4 8 3 7 4 2 5 7 3 2 1 0 30:56
15 田沢 拓海 3 0 0 1 2 1 2 3 1 1 2 2 0 0 0 10:27
17 柳川 祐亮 2 0 0 1 3 0 1 1 2 1 3 1 0 1 0 18:48
21 佐伯 大全 4 0 0 2 2 0 0 0 1 0 1 0 1 0 0 1:07
30 今村 佳太 18 3 9 4 7 1 2 1 1 8 9 2 3 1 0 35:52
31 中沢 心 5 0 0 1 4 3 3 0 0 0 0 2 0 0 0 9:38
36 都澤 健斗 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2:36
57 高嶋 寿剛 13 0 0 5 9 3 3 3 3 0 3 0 0 0 1 17:13
82 関屋 風画 6 0 0 3 6 0 2 1 3 2 5 0 1 3 0 29:14
90 干場 正介 2 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:07
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 8 5 13 2 0 0 0 00:00
合計 80 7 20 23 48 13 22 16 25 26 51 15 12 8 1 200:00

GAME REPORT

 東北2位の東北学院大と北信越1位の新潟経営大の一回戦。序盤から内外問わず得点を重ねた新潟経営大を、東北学院大が追いかける展開のまま試合は進む。その後は何度も東北学院大が反撃の糸口を掴みかけるものの、今ひとつ後が続かない。その隙を逃さない新潟経営大は、さらにリードを広げ80-51のスコアで勝利。一回戦を快勝で突破した。


 第1ピリオド、新潟経営大が#57高嶋のシュートで先制する。その後も#82関屋、#30今村が個人技からの得点を積み上げ、リードを得る。一方の東北学院大は#92本田の3Pシュートが決まるも、後が続かず。19-7と新潟経営大が抜け出し、第1ピリオド終了。


 第2ピリオド、東北学院大#30清水がペネトレイトからレイアップを決め、状況の打開を図る。しかし、新潟経営大は持ち前のオフェンスを緩めることなく、#30今村が複数得点をマーク。31-14とリードを保ったまま前半を終える。


 第3ピリオド、東北学院大がリズムに乗れないまま、新潟経営大ペースは変わらず。#30今村、#6井上の3Pシュートが面白いように決まり、さらにリードを広げる。53-25で最終ピリオドへ突入。


 第4ピリオド、東北学院大は#30清水、#81高橋が意地のシュートを沈めて奮起を促す。しかし、新潟経営大のオフェンスを止め切れず。80-51で新潟経営大が一回戦を突破した。

木村 泰基