BOX

試合区分:No.131
開催期日:2017年11月25日
開始時間:15:20:00
開催場所: 青山学院大学青山キャンパス
主審:佐藤 誠
副審:須黒 祥子,岩井 遥河

大東文化大学 79 24 1P 11
26 2P 14
21 3P 19
08 4P 26
OT
OT
70 白鴎大学

大東文化大学

HC:西尾 吉弘
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
0 葛原 大智 7 1 1 1 5 2 2 4 2 5 7 2 1 0 0 33:09
2 飴谷 由毅 DNP
12 熊谷 航 8 0 3 4 11 0 0 2 0 3 3 0 2 1 1 30:18
13 小谷 健太 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 3:35
15 モッチ ラミン 24 0 0 9 18 6 7 2 4 8 12 2 0 2 2 32:10
20 毕 光昊 4 0 0 2 4 0 2 4 1 4 5 1 1 1 0 6:48
23 奥住 将人 8 1 2 2 4 1 4 1 1 0 1 2 4 3 0 25:18
30 島元 崇吉 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1:01
34 中村 浩陸 10 2 3 2 5 0 0 1 2 1 3 0 0 1 0 20:49
35 松本 紘希 DNP
56 山岸 優希 8 0 0 3 3 2 5 1 1 4 5 0 0 0 0 12:59
77 日野澤 俊作 DNP
81 後藤 大輝 0 0 1 0 2 0 0 1 1 0 1 0 0 0 0 6:50
90 小川 直樹 DNP
91 ビリシベ 実会 10 1 3 3 6 1 1 1 2 3 5 1 2 0 1 27:01
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 4 6 0 0 0 0 00:00
合計 79 5 14 26 58 12 21 17 16 33 49 9 11 8 4 200:00

白鴎大学

HC:落合 嘉郎
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
0 野﨑 零也 31 6 10 4 7 5 5 2 3 1 4 1 1 0 0 32:49
1 北川 大騎 DNP
14 髙間 龍之介 DNP
18 奥野 功知 5 1 3 1 3 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 21:11
21 神里 和 3 1 3 0 2 0 0 2 0 0 0 1 0 0 0 19:03
23 荒谷 祐秀 DNP
32 三浦 望 2 0 0 1 4 0 2 2 1 1 2 2 1 1 0 8:23
33 須田 昴太郎 DNP
35 秋野 風季 2 0 1 1 3 0 0 2 2 4 6 1 1 0 1 20:45
37 長島 蓮 0 0 1 0 2 0 0 3 0 1 1 1 0 0 0 14:33
44 星野 曹樹 8 0 3 4 5 0 2 1 2 2 4 0 0 0 0 13:23
56 中川 綸 DNP
58 前田 怜緒 14 0 1 6 8 2 3 4 4 5 9 3 1 0 0 34:01
75 ディオップ マムシェッハイブラヒマ 5 0 4 2 12 1 2 4 2 9 11 3 0 1 5 35:52
97 大西 諄紀 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 4 5 1 0 0 0 00:00
合計 70 8 26 19 46 8 14 20 15 27 42 14 5 2 6 200:00

GAME REPORT

関東3位大東文化大学と関東6位の白鴎大学の準決勝。大東文化大が#15モッチを起点にオフェンスを展開し、前半で大量リードを奪う。それを白鷗大が追いかける展開で試合は進む。試合が進んでいくにつれ、白鷗大のシュートが#0野崎を中心に面白いように決まり、怒涛の追い上げを見せる。しかし、前半の貯金が大きい大東文化大を捉えきることはできず。79-70で大東文化大が勝利。決勝進出を決めた。

 第1ピリオド、開始早々に大東文化大#15モッチに火がつく。ポストプレーから得点を量産、このピリオドだけで15得点をあげる活躍を見せて大幅にリードを得る。白鷗大は#21神里の3Pシュート、#18奥野のジャンパーが決まるも単発に終わる。24-11で第1ピリオド終了。

 第2ピリオド、大東文化大の勢いは止まらない。#34中村の3Pシュートを皮切りに、#0葛原のジャンパー、#56山岸のバスケットカウントなどで次々に加点しリードをさらに広げる。食らいつきたい白鷗大は、#58前田の個人技、#44星野のバスケットカウントでやり返すものの、ファウルなども重なって今ひとつリズムに乗り切れず。50-25で前半終了。

 第3ピリオド、大東文化大ペースは変わらないが、白鷗大もシュートが徐々に当たりだす。#0野崎が3本の3Pシュートを決めてやり返す。しかし、大東文化大も#91ビリシベらがコンスタントに得点し、追随を許さない。71-44のスコアで最終ピリオドへ突入。

 第4ピリオド、白鷗大のオフェンスがとうとう爆発。#0野崎が4点プレイを含む4本の3Pシュートを立て続けにねじ込み、怒涛の追い上げを図る。このまま逆転する勢いではあるが、無情にも残り時間はわずか。粘る白鷗大を大東文化大が振り切って、79-70で勝利。決勝の舞台に駒を進めた。

木村泰基