BOX

試合区分:No.225
開催期日:2017年12月1日
開始時間:11:00:00
開催場所: カメイアリーナ仙台
主審:藤垣 庸二
副審:小田中 涼子,吉田 剛

愛知学泉大学 60 23 1P 11
17 2P 18
06 3P 25
14 4P 18
OT
OT
72 白鴎大学

愛知学泉大学

HC:木村 功
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
1 平野 実月 0 0 2 0 1 0 0 1 1 0 1 0 0 0 0 4:56
3 岡田 真那美 DNP
4 岡田 唯 DNP
5 アイメレク モニィーク 12 2 7 3 11 0 0 3 1 4 5 5 0 1 0 33:51
8 松本 晴香 9 2 5 1 3 1 2 5 0 5 5 3 1 2 0 28:59
10 鷹のはし 公歌 13 1 5 5 12 0 0 2 0 3 3 1 3 2 0 40:00
13 田中 絢女 DNP
15 髙橋 華菜 10 0 2 5 8 0 0 3 5 1 6 2 0 2 1 36:45
21 谷口 二千華 16 0 4 6 19 4 6 4 1 6 7 0 1 1 1 40:00
25 米長 里紗 DNP
27 北原 あゆみ DNP
30 永池 未怜 DNP
37 伊藤 里奈 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:42
73 杉原 成美 DNP
86 谷 優実 0 0 0 0 2 0 0 2 1 2 3 0 0 0 0 12:47
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 8 9 17 0 0 0 0 00:00
合計 60 5 25 20 56 5 8 20 17 30 47 11 5 8 2 200:00

白鴎大学

HC:佐藤 智信
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
4 星 香那恵 11 0 1 4 10 3 3 1 1 4 5 4 1 3 1 32:16
5 神﨑 璃生 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 3:24
6 春日 イザベル瑠璃 DNP
8 佐藤 京香 2 0 0 1 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 9:26
9 上田 祐季 11 3 6 1 4 0 0 1 1 7 8 1 2 0 0 28:04
10 渡辺 葵 DNP
12 小林 沙織 DNP
13 三木 里紗 0 0 2 0 0 0 0 1 0 2 2 3 1 0 0 11:43
14 佐坂 樹 9 0 3 2 6 5 6 3 2 2 4 1 0 1 1 32:09
15 天坂 伶香 2 0 1 1 3 0 0 0 0 1 1 0 0 1 2 13:10
16 菊地 恵里奈 DNP
17 山崎 澪菜 DNP
18 軸丸 ひかる 11 1 1 4 10 0 0 2 1 3 4 5 3 3 0 36:36
19 今村 優花 DNP
20 シラ ソハナ・ファトー・ジャ 26 1 2 9 15 5 7 2 5 9 14 1 0 1 1 33:12
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 5 8 0 0 0 0 00:00
合計 72 5 16 22 52 13 16 11 13 33 46 16 7 9 5 200:00

GAME REPORT

東海1位愛知学泉大学と関東3位白鷗大学の準々決勝。序盤、愛知学泉大は積極的なオフェンスリバウンドから連取し、開始7分で19-3と良い立ち上がりとなる。その後も流れは変わらず愛知学泉大が#21谷口のジャンプショットなどで加点を続け、リードを守る。一方の白鷗大は#20ソハナがインサイドで粘るも、40-29。愛知学泉大リードのまま前半を折り返す。しかし後半に入り、白鷗大は#4星が二連続でジャンプショットで勢いに乗り反撃開始。ファウルトラブルに苦しむ愛知学泉大を横目に、白鷗大は#20ソハナがインサイドで得点を重ね、逆転に成功する。その後も、白鷗大はコンスタントに加点し、リードを広げていく。終盤、愛知学泉大は#15髙橋の速攻などで返すも、時すでに遅し。72-60と白鷗大が逆転勝利で準決勝へと駒を進めた。


第1ピリオド、序盤、愛知学泉大は#10鷹のはしがジャンプショットで先制すると、その後も積極的なオフェンスリバウンドからチャンスを広げ、#5モニィーク、#10鷹のはしがインサイドで加点。一方の白鷗大は、ミスが続き、#9上田の3Pシュートのみと我慢の時間が続く。後半に入っても白鷗大は歯車が噛み合わず得点が伸び悩む。その隙に愛知学泉大は#8松本、#5モニィークと連続で3Pシュートを決め、リードを広げる。終盤、白鷗大はシュートが入りだし、#8佐藤、#9上田と連取し取り返すも、23-11。愛知学泉大が二桁リードで、第2ピリオドへ。


第2ピリオド、序盤、白鷗大は#20ソハナがリバウンドからバスケットカウントを沈めると、続いてドライブからも得点し、一気に追い上げムードに。しかし、愛知学院大も#10鷹のはしが3Pシュートで返し、けん制。後半に入ると、白鷗大はミスが続き失速する。一方の愛知学泉大は#5モニィークの3Pシュートに加え、#21谷口が高確率でシュートを沈め、点差を一時15まで広げる。終盤、白鷗大は#20ソハナがゴール下で粘るも、40-29。愛知学泉大がリードのまま後半戦へ。


第3ピリオド、開始早々、白鷗大は#4星が連続でジャンプショットを決めると、#18軸丸のドライブや#9上田の3Pシュートも決まり、猛追する。愛知学泉大は#21谷口のジャンプショットや#5モニィークのポストで対抗するが、相手の勢いを止めることはできず。中盤、愛知学泉大は強気に攻め込むも、それがあだとなりファウルトラブルに。一方の白鷗大は獲得したフリースローを着実に沈め、じわじわと追い上げる。残り3分、白鷗大は#20ソハナのインサイドでついに同点に追いつくと、その後、#4星のバスケットカウントや#18軸丸の3Pシュートで一気に8点のリードを得る。愛知学泉大は焦りからシュートを決めることが出来ず。54-46と白鷗大がリードを奪い返し、最終ピリオドへ。


第4ピリオド、序盤、愛知学泉大は#8松本の3Pシュートや#21谷口のフリースローで加点するが、白鷗大も#20ソハナのインサイドで応戦し点差は変わらない。中盤、愛知学泉大は#10鷹のはしの得点以降シュートが尽く外れ、スコアが止まる。一方で波に乗る白鷗大は#9上田のジャンプショットや#18軸丸のステップインなどで連取し、リードを15に。終盤、愛知学泉大は#15髙橋の速攻や#5モニィークのインサイドで返すも、開いた点差は大きく。72-60、白鷗大が逆転勝利し、ベスト4へと名乗りを上げた。


原田 知歩