BOX

試合区分:No.209
開催期日:2018年12月11日
開始時間:11:40:00
開催場所: 駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場Aコート
主審:畑 靖彦
副審:北村 仁,西 和馬

愛知学泉大学 107 26 1P 08
29 2P 14
31 3P 10
21 4P 22
OT
OT
54 福岡教育大学

愛知学泉大学

HC:木村 功
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
石原 柚香 0 0 0 2 5 0 0 1 0 1 1 1 3 0 0 12:22
1 平野 実月 8 1 3 2 4 1 2 1 1 2 3 0 4 2 0 22:31
2 鬼塚 彩乃 8 2 2 1 2 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 7:29
3 岡田 真那美 10 0 0 5 7 0 0 2 0 5 5 1 0 0 0 18:47
5 アイメレク モニィーク 15 0 2 7 10 1 2 0 0 7 7 1 2 1 0 22:31
11 三輪 眞子 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:44
13 田中 絢女 5 1 4 1 1 0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 7:16
15 髙橋 華菜 8 0 0 4 7 0 0 0 1 5 6 1 1 0 2 18:44
22 安藤 萌夏 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 1 10:00
27 北原 あゆみ 8 0 1 4 8 0 0 1 3 0 3 1 0 1 0 10:00
28 曽我部 希子 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 7:36
30 永池 未怜 23 2 5 8 10 1 1 2 0 2 2 0 1 2 0 22:31
37 伊藤 里奈 4 0 4 2 3 0 0 0 0 2 2 0 0 0 0 11:16
73 杉原 成美 4 0 0 2 4 0 0 1 1 2 3 0 0 0 0 10:00
86 谷 優実 10 0 0 5 8 0 0 3 4 6 10 0 0 1 2 16:12
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 3 7 0 0 0 0 00:00
合計 103 6 22 43 69 3 5 12 16 35 51 7 11 8 5 200:00

福岡教育大学

HC:石橋 千宜
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
7 吉田 栞南 2 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:18
9 竹内 優香 9 1 7 2 7 2 2 0 0 0 0 2 1 1 0 19:03
10 山下 理帆 4 0 0 2 3 0 0 0 0 2 2 0 0 0 0 14:59
11 定司 有加 7 1 9 2 9 0 2 2 1 3 4 6 1 0 0 32:39
12 森川 美波 2 0 3 1 3 0 0 1 2 2 4 3 1 0 0 32:58
13 宮本 美咲 18 0 0 8 19 2 2 3 3 3 6 5 1 0 0 33:54
14 田添 栞南 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 7:28
15 藤本 都 4 0 1 2 3 0 0 0 0 2 2 1 0 0 0 16:41
16 塚本 祐子 8 0 0 3 5 2 2 2 3 8 11 4 0 1 0 40:00
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 5 8 2 0 0 0 00:00
合計 54 2 20 21 51 6 8 9 12 25 37 23 4 2 0 200:00

GAME REPORT

東海1位愛知学泉大学と九州3位福岡教育大学の一回戦。序盤、愛知学泉大はリズムよく得点し大量リードを得る。中盤、愛知学泉大は要所で3Pシュートが決まり勢いをつけると、全員がゴールに向かい得点を量産しリードを広げていく。終盤、福岡教育大はゴールに果敢に攻め込み追い上げを見せるが追い上げも虚しく、速い展開のバスケットで圧倒した愛知学泉大が109-54で勝利し、二回戦進出を決めた。


第1ピリオド、序盤、なかなか得点できない福岡教育大に対し愛知学泉大は、#30永池が先制すると、ドライブで切り込み加点していく。中盤、福岡教育大は#16塚本のフリースローで得点すると#10山下も後に続く。しかし終盤、愛知学泉大は#5アイメレク、#86谷を中心に速い展開のバスケットで攻め込むと、#1平野、#30永池の3Pシュートが決まり、26-8。愛知学泉大が大きくリードし第1ピリオドを終える。


第2ピリオド、序盤、愛知学泉大はディフェンスから得点に繋げる。中盤、相手のディフェンスを前にミスが目立つ福岡教育大に対し、愛知学泉大はリバウンドを取りきり、相手にチャンスを与えない。終盤、福岡教育大は#13宮本のプレイで得点するが、愛知学泉大#86谷が対抗し、点差は縮まらない。55-22で愛知学泉大がリードを広げ試合を折り返す。


第3ピリオド、愛知学泉大#30永池がドライブで得点すると#3岡田もシュートを決め優勢を保つ。中盤、愛知学泉大は#30永池、#5アイメレクを中心に得点を重ねる一方、福岡教育大はインサイドから攻め込むもゴールに嫌われ得点できない。終盤、愛知学泉大はスティールから得点に繋げ、点差を広げていき、86-32。愛知学泉大ペースのまま第3ピリオドを終える。


第4ピリオド、開始早々、福岡教育大が連続得点を挙げ、追い上げを見せる。しかし中盤、愛知学泉大は#27北原が連続でジャンパーを決め福岡教育大を寄せ付けない。終盤、福岡教育大はゴールへ果敢に攻め込み得点を挙げるが、力の差は大きく、109-54と、愛知学泉大が終始圧倒し二回戦進出を決めた。

北原 明日香