BOX

試合区分:No.224
開催期日:2016年11月23日
開始時間:16:00:00
開催場所:大田区総合体育館 Bコート
主審:伊藤 恒
副審:岩本 涼子

名古屋学院大学 50 12 1P 19
12 2P 14
18 3P 13
08 4P 24
OT
OT
70 白鴎大学

名古屋学院大学

HC:竹之下秀樹
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
7 加藤 愛望 DNP
9 木本 佳那子 9 1 5 3 6 0 0 3 2 9 11 6 1 0 0 40:00
10 小林 結女 12 0 4 4 7 4 4 0 0 3 3 6 2 0 0 38:26
11 國廣 楓 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:10
12 寺本 奈津美 12 2 3 2 3 2 2 1 3 1 4 3 0 1 0 37:18
13 馬場 小夏 DNP
14 中村 瑞樹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:45
15 中山 彩奈 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 5:27
17 瀬山 楓 13 0 2 5 10 3 4 2 1 3 4 0 0 0 0 38:30
19 山田 幾加 DNP
22 小澤 佳苗 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0:45
23 阿多 茜音 DNP
39 瀧本 美雪 4 0 2 2 9 0 0 4 0 4 4 4 0 0 2 34:08
51 橋本 真彩 DNP
57 小林 栞 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 3:31
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 6 7 1 0 0 0 00:00
合計 50 3 17 16 37 9 10 10 9 27 36 20 3 1 2 200:00

白鴎大学

HC:佐藤智信
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
4 上原 もなみ 2 0 3 1 3 0 0 3 0 1 1 3 5 1 0 30:44
5 高橋 芙由子 8 1 2 2 4 1 2 2 0 2 2 0 1 0 0 16:14
6 星 香那恵 5 0 2 2 7 1 2 3 2 4 6 1 2 1 0 20:46
7 米長 華菜 DNP
8 林 咲希 25 3 8 7 12 2 2 1 4 5 9 1 3 3 0 33:54
9 上田 祐季 4 0 2 2 8 0 0 1 4 1 5 2 2 0 0 18:44
10 渡辺 葵 DNP
11 青木 美優 DNP
12 小林 沙織 DNP
13 三木 里紗 10 2 4 2 4 0 2 1 1 1 2 1 0 3 0 32:37
14 佐坂 樹 14 1 2 5 16 1 4 1 9 3 12 1 0 4 1 35:51
15 天坂 伶香 DNP
16 菊地 恵里奈 2 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:02
17 山崎 澪菜 DNP
18 春日 イザベル瑠璃 0 0 1 0 0 0 0 2 1 2 3 0 0 0 0 9:06
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 6 10 1 0 0 0 00:00
合計 70 7 24 22 55 5 12 14 25 25 50 10 13 12 1 200:00

GAME REPORT

東海2位名古屋学院大学と関東2位白鷗大学の二回戦。序盤、白鷗大が#8林が得点源となり加点を続け流れを掴む。対する、名古屋学院大も#12寺本の得点でなんとか食らいつく。後半、白鷗大は#14佐坂にボールを集めるも決めきることできず。その間、名古屋学院大は#9木本、#10小林の奮闘で猛追する。しかし、鷗大は#8林の攻守にわたる活躍で試合を決定づける。70-50で白鷗大が接戦で力を発揮し三回戦進出を果たした。

 第1ピリオド開始早々、白鷗大は#8林が仕掛けファウルを獲得すると、名古屋学院大も#12寺本が決め返す。しかし、白鷗大は#8林の3Pシュートを皮切りに連続得点を挙げリズムを作る。対する、名古屋学院大は、苦しい展開を強いられるも#12寺本の3Pシュート、#9木本のゴール下で持ち直す。中盤、白鷗大は#13三木、#14佐坂らがリバウンドで粘り加点すると、名古屋学院大も負けじと#17瀬山のバスケットカウントで応戦。最後、白鷗大#5髙橋が3Pシュートを沈め19-12。白鷗大が一歩抜け出し第1ピリオド終了。

 第2ピリオド、追いかける名古屋学院大は#17瀬山が先制点を挙げ、幸先の良いスタートを切ったかのように思えたが、白鷗大は#13三木、#14佐坂が落ち着いて決め返し流れは渡さない。後半、白鷗大は#4上原を中心に華麗なパスワークを展開しコンスタントに加点を続ける。対する、名古屋学院大は#10小林が起点となり攻めるも単発に終わりスコアが伸びない。33-24、白鷗大がリードを保ち前半終了。

 第3ピリオド、白鷗大は#8林のアシストから#6星が得点するが、その後続かず失速。その隙に名古屋学院大は#10小林のゲームメイクで相手を翻弄するも、白鷗大が1on1で粘り逆転を許さない。白鷗大#16菊地が#5髙橋のドライブに合わせ46-42、白鷗大がリードを守り切り最終ピリオドへ。

 第4ピリオド、序盤から互いに譲らない展開となる。しかし、中盤、白鷗大は#8林の連続3Pシュートで流れを手繰り寄せる。離されたくない名古屋学院大はたまらずタイムアウトを要求するも相手の勢いを止められず。波に乗った相手を前になす術なし。70-50、白鷗大が相手を振り切り三回戦へと駒を進めた。

武田 夏林