BOX

試合区分:No.235
開催期日:2016年11月26日
開始時間:11:00:00
開催場所: 国立代々木競技場第二体育館
主審:清水 幹治
副審:竹澤 友美・武藤陽子

早稲田大学 61 18 1P 24
12 2P 10
18 3P 26
13 4P 22
OT
OT
82 大阪人間科学大学

早稲田大学

HC:藤生喜代美
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
2 砂川 夏輝 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:48
5 細貝 野乃花 DNP
7 加藤 臨 2 0 0 1 3 0 0 2 1 0 1 0 1 1 0 15:40
9 小島 由希子 DNP
10 萩尾 千尋 0 0 0 0 6 0 0 1 0 0 0 1 1 0 0 21:05
14 田中 真美子 8 0 0 3 6 2 2 0 1 4 5 1 0 1 0 17:36
17 中村 和泉 3 0 1 1 2 1 2 0 0 1 1 6 1 2 1 23:11
21 高田 静 2 0 1 1 4 0 0 2 0 0 0 1 1 0 0 17:09
22 田村 未来 16 4 11 1 4 2 2 0 2 8 10 3 0 2 0 39:33
24 今仲 杏奈 16 0 2 6 16 4 5 3 2 5 7 1 0 0 0 33:24
25 中村 美羽 DNP
33 中田 珠未 14 0 0 6 12 2 3 4 1 5 6 2 0 1 1 22:11
34 山田 桃子 DNP
37 内山 未悠 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 7:23
41 阿部 真紀子 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 6 0 0 0 0 00:00
合計 61 4 15 19 55 11 14 13 10 26 36 16 4 7 2 200:00

大阪人間科学大学

HC:長渡由子
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
4 畠中 春香 25 1 4 9 15 4 4 2 4 10 14 2 2 1 1 38:25
5 田中 真琴 9 0 0 4 9 1 2 4 11 4 15 2 1 1 0 28:24
6 白鞘 郁里 17 3 9 4 10 0 0 2 3 2 5 4 4 0 1 35:01
7 小池 遥 17 1 3 7 16 0 0 1 0 6 6 0 4 4 0 38:01
8 両見 春奈 4 0 1 2 2 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 2:24
9 大濱 留華 2 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 2 0 2 0 8:31
10 青木 宥佳 0 0 1 0 3 0 0 1 1 0 1 0 0 0 0 5:28
11 本田 陽菜乃 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1:35
12 宮崎 寧子 7 0 1 3 12 1 2 3 4 4 8 3 3 0 0 33:52
13 向中野 樹里 DNP
16 吉内 秋葉 DNP
17 森平 つぐみ DNP
18 田中 陽子 1 0 3 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 1 0 6:44
20 須田 桃香 DNP
22 塩田 菜緒 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:35
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 7 9 16 2 0 0 0 00:00
合計 82 5 22 30 69 7 10 14 30 35 65 16 14 9 2 200:00

GAME REPORT

関東1位早稲田大学と関西1位大阪人間科学大の3位決定戦。序盤に大きなリードを得た大阪人間科学大を早稲田大が追いかける展開が続く。開始早々、大阪人間科学大は#4畠中、#6白鞘を中心に怒涛の6連続得点を挙げ、13-0。その後、早稲田大は#22田村の3Pシュートや#24今仲、#33中田のインサイドで何とか喰らい付くも、序盤に開いた得点は大きく。大阪人間科学大がリードを保ち、前半を折り返す。後半に入っても、大阪人間科学大は#7小池がマルチな活躍を見せ、リズム良く加点。一方の早稲田大はインサイド陣が身体を張ったプレイで粘りを見せるも、大阪人間科学大の勢いを止めることはできず、差は広がるばかり。終盤、何とか追いつきたい早稲田大であったが、ゴールに嫌われ得点は止まる。82-61とスタートダッシュに成功した大阪人間科学大がリードを守り、第3位に輝いた。


  第1ピリオド、序盤、大阪人間科学大は#7小池が先制すると、#4畠中のインサイド、#6白鞘の3Pシュートと内外バランスよく加点、リードを得る。一方の早稲田大はタフショットを強いられ、スコアは動かない。追いかける展開となった早稲田大は、中盤、#14田中がフリースローで初得点を挙げると、途中交代の#33中田が積極的なリバウンドにドライブと活躍し、さらに#22田村の3Pシュートで4点差に。しかし大阪人間科学大も一歩も譲らず、#7小池が攻守に渡って活躍し、追いつかせない。終盤、早稲田大#24今仲のバスケットカウントに加え、#7加藤が鮮やかなドライブを見せるも、24-18。大阪人間科学大がリードを保ち、第1ピリオド終了。 


 第2ピリオド、序盤、早稲田大#24今仲がゴール下から得点に繋げると、大阪人間科学大は#6白鞘が加点。しかしその後、大阪人間科学大は積極的に飛び込みリバウンドを奪取するもシュートが外れ、失速。一方の早稲田大は#24今仲のインサイドや#22田村の3Pシュートで連取。試合を振り出しに戻す。中盤以降、早稲田大はプレッシャーディフェンスを敷くもファウルが嵩み、相手にフリースローを与えてしまう。しっかりチャンスをものにリードを保つ大阪人間科学大は終了間際、#6白鞘がドライブを沈め、34-30。大阪人間科学大優勢のまま試合を折り返す。


  第3ピリオド、序盤、早稲田大は#14田中が先制し、#22田村の3Pシュートで続くも、大阪人間科学大は#6白鞘が3Pシュートを沈め対抗。その後も#7小池のペネトレイト、#12宮﨑のジャンプショットに加え、#4畠中が内外問わず加点する。何とか追いつきたい早稲田大は、#17中村のドライブや#33中田のインサイドと粘りを見せるも、じわじわと離されて行く。終盤、早稲田大は#22田村が華麗なアシストに加えて自らも3Pシュートで得点し、マルチな活躍を見せる。しかし、大阪人間科学大は的を絞らせないオフェンスを展開し、得点ペースは落ちない。60-48と大阪人間科学大がリードを広げ、最終ピリオドへ。


  第4ピリオドに入っても、大阪人間科学大は#6白鞘のカットインや#12宮﨑の華麗なステップインなどでコンスタントに加点する。一方の早稲田大は#33中田が得意のターンアラウンドシュートを要所で沈めるも、追いつきには当たらず。その後、早稲田大は積極的に攻め込むも、ゴールに嫌われ、スコアが止まる。その間、大阪人間科学大は攻撃の手を休めず、#7小池の3Pシュートなどで加点。終盤、早稲田大は執念のディフェンスを見せ、#22田村が外角シュートを沈めるも、無念のタイムアップ。82-61と怒涛の攻撃を見せた大阪人間科学大が勝利し、第3位の座を手にした。






原田 知歩