BOX

試合区分:No.207
開催期日:2018年12月10日
開始時間:16:40:00
開催場所: 駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場Aコート
主審:石嶺 良方
副審:岩崎 晋也,松永 雄平

早稲田大学 100 26 1P 20
27 2P 10
17 3P 16
30 4P 19
OT
OT
65 仙台大学

早稲田大学

HC:倉石 平
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
1 安藤 友里恵 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 1 1 0 0 1:50
3 長谷川 玲子 12 2 7 3 5 0 0 0 1 1 2 2 0 0 0 15:00
5 細貝 野乃花 22 6 14 2 6 0 0 3 0 1 1 1 0 0 0 23:49
7 大原 咲織 10 0 0 4 5 2 2 1 2 6 8 0 0 0 2 11:14
11 神山 夢来 DNP
12 石井 香帆 5 1 1 0 0 2 2 0 1 1 2 4 0 0 0 4:41
14 田中 真美子 21 0 0 8 9 5 5 1 3 10 13 2 1 1 1 25:58
17 河村 くるみ DNP
21 高田 静 8 0 4 3 5 2 2 0 1 3 4 5 4 1 0 34:35
23 澁谷 咲月 5 0 4 2 3 1 1 1 2 1 3 1 1 0 0 25:12
25 中村 美羽 6 0 0 2 7 2 2 2 2 10 12 0 0 1 0 23:06
26 船生 晴香 0 0 0 0 1 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 5:25
28 大西 胡桃 4 1 1 0 1 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2:45
33 中田 珠未 DNP
37 内山 未悠 7 1 2 2 7 0 0 2 2 4 6 1 1 3 0 26:25
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 4 7 1 0 0 0 00:00
合計 100 11 33 26 49 15 16 11 18 42 60 18 8 6 3 200:00

仙台大学

HC:菅野 恵子
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
2 工藤 千穂 5 1 5 1 4 0 0 2 1 6 7 2 4 1 0 31:15
4 工藤 明日香 9 0 0 3 9 3 4 0 7 2 9 1 0 1 0 26:38
5 長澤 優菜 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 3:32
6 吉田 晴香 4 0 1 2 6 0 0 2 1 1 2 2 0 5 0 26:58
9 伊藤 凡奈 2 0 0 1 4 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 6:20
10 千葉 沙希 4 0 0 2 4 0 0 2 0 1 1 1 0 0 0 8:45
11 鈴木 栞莉 DNP
13 佐藤 楓 6 2 3 0 0 0 0 1 1 0 1 1 0 0 0 12:18
15 髙橋 菜々子 DNP
18 清水 理香子 13 3 19 2 5 0 0 4 1 3 4 1 0 1 1 28:01
20 小松 あかり 2 0 2 0 0 2 2 2 0 1 1 0 0 0 0 8:34
21 石田 実希 DNP
22 金成 明日花 4 0 0 2 4 0 0 1 1 2 3 1 0 0 0 16:53
23 柴田 紅葉 16 0 0 7 22 2 3 1 6 2 8 0 0 1 0 30:46
88 三須 秋穂 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 8 9 2 0 0 0 00:00
合計 65 6 30 20 59 7 9 16 19 27 46 11 4 9 1 200:00

GAME REPORT

関東1位早稲田大学と東北2位仙台大学の一戦。序盤、両チームともに一進一退の攻防が続く。中盤、仙台大は3Pシュートが決まり流れを掴むかに思われたが、早稲田大#5細貝が3Pシュートを沈め、リードを守る。53-30と早稲田大の大量リードで試合を折り返す。後半、両者得点の取り合う展開が続く中、終盤、仙台大はディフェンスから相手のミスを誘い得点に繋げ、追い上げを見せるも、早稲田大は積極的なリバウンドや安定したシュート力を見せ、勝利。100-65と快勝し、二回戦へと駒を進めた。


 第1ピリオド、序盤、早稲田大#23澁谷のシュートで先制するも、両者ともに激しい点の取り合いとなる。中盤、仙台大#18清水の3Pシュートが決まると早稲田大#5細貝もすかさず3Pシュートを沈め、リードを許さない。仙台大はインサイドのプレイから流れを掴み#2工藤(千)の3Pシュートが決まるも、早稲田大#5細貝がまたもや返し、差はつかない。終盤、早稲田大は#14田中のリバウンドから得点に繋げ、26-20。早稲田大がわずかにリードし第1ピリオドを終える。


 第2ピリオド、序盤、早稲田大は#37内山の3Pシュートが決まると#5細貝も後に続き、リードを広げていく。一方の仙台大は早稲田大のディフェンスに阻まれて得点できない。中盤以降も流れは変わらず、早稲田大が#5細貝や#3長谷川らアウトサイド陣が得点を重ねる一方、仙台大は果敢に攻め込むもゴールに嫌われスコアが止まり、点差が広がっていく。リバウンドで流れを掴んだ早稲田大が53-30で大幅にリードし、試合を折り返す。


 第3ピリオド、序盤、仙台大は#4工藤(明)のジャンパー、#18清水の3Pシュートが決まり、勢いを取り戻すも、中盤、早稲田大は#14田中のペイントエリアでの活躍から得点に繋げ、リードを守る。終盤、両チームともに果敢に攻め込み、得点を取り合う展開となるが、早稲田大は#3細貝のシュートから連続得点に成功し、70-46。早稲田大が優勢を保ち第3ピリオドを終える。


 第4ピリオド、序盤、仙台大は堅いディフェンスを敷き一時流れをつかむも、中盤、早稲田大は#37内山がペイントエリア内での活躍を見せると落ち着きを取り戻し、早稲田大が勢いを増す。終盤、仙台大は再びディフェンスで粘りを見せると、ジャンパーが決まり得点を重ねる。しかし、早稲田大も#37内山のシュートや、#28大西の3Pシュートで得点し点差は縮まらない。100-65とリードを守りきった早稲田大が快勝し二回戦進出を果たした。

北原 明日香